もけまみれ

茨城の魅力や自己啓発についてなど発信します

北欧人に学ぶ

こんにちは!

もけひろです。

 

ランディ・ノイス著『北欧流スローライフコーチング』という本を読みました。



f:id:mokehiro:20190330184913j:image

北欧の人々のように時間にも心にもゆとりを持つスローライフを送る為の心構えについて書かれた一冊です。

憧れますね(^^)、スローライフ!

その中から印象的だった部分をご紹介します。

 

『失敗に寛大になる。

他人が失敗したときはイライラするのではなく自分が失敗したときにしてほしいと思うのと同じやり方でフォローしてあげる。』

これはとてもいい考え方ですね!

人間である以上、ときには誰かに腹を立てたり、何かにイライラしたりすることもあるかと思います。問題はそうした感情を抱いたときにどう処理をするか。怒りはトラブルを引き寄せる磁石のようなもので、適切に処理をしなければ自分が望む人生を築くことはできないと思います!

 

『もしもあと1年しか生きられないとしたら何をしますか?

もしもあなたの現在の生活と、余命一年と仮定した場合の生活との間に大きなギャップがあるとしたら、人生における優先事項を変更する作業に、今すぐ取りかかることをおすすめします。』

こんなこと考えたこともありませんでしたが、皆さんはどうでしょう?

私の余命があと1年だったら多分仕事辞めると思います。(1年生きられるかな…)

あとは何しましょう?オーロラでも見に行きますかね?

実際に行動するのはかなりのリスクが伴うと思いますが常にそういう気持ちを持つことが大事だと思います(^^)

 

『今このときを楽しむ』

多くの人があとになれば素晴らしい日々が待っていると信じ、人生を楽しむのを先送りにしています。でも私たちが確実にもっているのは今この瞬間だけです。だったら実現するかわからない未来を夢見るよりも、今というときを楽しまないのはもったいないということです。

たった一度の人生、今を楽しまないのは損ですね!

 

では!