もけまみれ

茨城の魅力や自己啓発についてなど発信します

お金の正しい使い方

こんにちは!

もけひろです。

 

本日は堀江貴文さん著『お金はいつも正しい』から、正しいお金の使い方をご紹介したいと思います。


f:id:mokehiro:20190518104559j:image

皆さん貯金はありますか?

私は殆どありません。笑

ちなみになんで貯金をしているのでしょうか?

老後の為?マイホームの為?子供の学費?

とりあえず、なんとなく貯金している人も多いと思います。

貯金は美徳ではない

私も子供の頃から親や学校の先生から『貯金は大事だ』と教え込まれたきました。だからとりあえず貯金することはいいことなんだろうと思っていました。皆さんもそうだと思います。

しかし堀江さんの考えでは、はっきりとした目的がない貯金は意味がないそうです。「貯金は美徳」という思考停止状態では人生を豊かにする経験は何もできないという考えです。郵便貯金が国民に普及したのは戦費調達のキャンペーンです。「貯金は美徳」という考え方は単に官僚が作り出したキャンペーンであり、多くの人はずっと騙されているそうです。超低金利時代の今の日本では銀行は預金者に雀の涙ほどの金利を払うことで巨額のマネーを調達し、日本国債で運用し利ザヤを稼いでいます。銀行がやっていける理由は日本人の「貯金は美徳」という精神に支えられていると言えます。



f:id:mokehiro:20190518104924j:image

お金は使わないと活きてこない

子供の頃に洗脳されたまま、ただ銀行に貯金をしていれば安全という考え方に染まりきっていることは危険です。将来、いきなり通貨の価値が暴落することだって考えられます。

そこで正しいお金の使い方の1つとして『投資』が挙げられます。一口に投資と言っても株式投資や不動産、太陽光発電など様々です。もちろんこれらの投資は大損するリスクもありますし、ある程度資金も必要です。

投資の中でも低リスクで資金をさほど必要ないものに『自己投資』があります。自己投資と聞いて資格の取得だったり英会話の勉強だったりとスキルアップにお金を使うことが思いつくと思います。しかし余程目的がはっきりしていないとお金だけとられスキルも身につかず途中退会というパターンに陥る可能性が高いです。

スキルアップも大事ですが、例えば海外旅行に行って見聞を広げたり、一流レストランで食事をして食の文化や歴史を知ることも投資です。また食事やお酒にお金を使うことで幅広い人脈を得られることもあります。全てにお金をケチっていたら何も生まれません。正しくお金を使うことが重要です。

 

いかがでしたでしょうか?

私もこの本を読み、ただなんとなく貯金するという思考停止状態から抜け出し、どんなことにお金を使えば人生が豊かになるかを考えるようになりました。

皆さんも「貯金は美徳」という洗脳から開放され上手にお金を使い豊かな人生を送って頂きたいと思います(^^)

 

以上お金の正しい使い方でした。

では!