もけまみれ

茨城の魅力や自己啓発についてなど発信します

子連れで四万温泉

こんにちは!

もけひろです。

 

今回も茨城県を飛び出し、2歳の娘を連れ群馬県四万温泉へやってきました。

群馬県は四万温泉以外にも草津温泉や水上温泉、伊香保温泉といった有名な温泉が数多くある温泉大国です。茨城県民の私は日々嫉妬しています。

 

温泉に向かう途中、四万川ダムに寄りました。

ネットの情報によると四万川ダムの水はとてもきれいな青色で四万ブルーと呼ばれているようです。

しかしこの日は天気があまりよくなく雨が降ったりやんだり・・・。

そのためきれいな四万ブルーではなく、緑っぽい色でした(笑)

ただ、ちょうど放水のタイミングだったみたいで大迫力の放水を見ることができました。

上から見たら足がすくみます・・・(;^_^)


f:id:mokehiro:20190826102913j:image

つづいて寄った場所は四万の甌穴群です。

四万の甌穴群は国道353号線沿いにあり、油断していると通り過ぎます。

甌穴とは川のくぼみに入り込んだ石や砂利が、水流で回転し摩擦で浸食してできた穴のことです。

長い年月をかけ自然の力でできた四万の甌穴は、群馬県の天然記念物にも指定されています。

階段で川の近くまで降りることができ、大迫力の川と自然が作り出した甌穴を見ることができました。

川の近くなので温度が低く、8月なのに寒いぐらいでした。


f:id:mokehiro:20190826102959j:image

大自然を堪能した後は駐車場にあるカフェ「森のカフェKISEKI」で休憩しました。

川の音を聞きながらゆったり贅沢な時間を過ごしました。


f:id:mokehiro:20190826103024j:image

温泉街が近づくと千と千尋の神隠しの「いつも何度でも」のメロディーラインが迎えてくれました♪

メロディーラインとは車の走行音が音楽を奏でるように聞こえる道路です。

そういえば草津も「草津節」のメロディーラインがありました。

これを聞くと、温泉に来たんだなぁとワクワクします(^^♪

 

温泉街はレトロ感がいい感じの雰囲気です。

平日だったため人は多くはありませんでした。

温泉街ではスマートボールなる超レトロなボードゲームで遊んだり、ぶらぶらしたりしました。

また千と千尋の神隠しのモデルとうわさされる宿、積善館も見ました。

ちなみに愛媛の道後温泉や山形の銀山温泉、台湾の九分もモデルと言われているそうです。


f:id:mokehiro:20190826103114j:image


f:id:mokehiro:20190826103140j:image

宿は伊藤園ホテル四万に宿泊しました。

夕食は食べ放題、飲み放題プランでした。

子供用の椅子も用意してもらい、ハンバーグや卵焼きなど子供の好きなメニューも多くありました。

 

温泉は大浴場と貸し切り風呂があり、貸し切り風呂は空いていれば入れるという感じです。

運よく私たちも貸し切り風呂に家族で入れました。

大浴場は露天風呂もついており、「サルが入ることもあるので気を付けてください」と注意書きがあり、ややビビりながら入りましたがサルには会えませんでした^^

とてもいい湯でした。

 

以上四万温泉についてでした。

では!