もけまみれ

茨城の魅力や自己啓発についてなど発信します

福島県 大内宿

こんにちは!

もけひろです。


f:id:mokehiro:20191114215157j:image

福島県の南会津郡にある大内宿に行ってきました。

大内宿は江戸時代の宿場であり、かやぶき屋根の民家が連なる集落です。蕎麦屋さんやお土産屋さん、甘味処なども集まっており福島県を代表する観光スポットの一つです。

駐車場は集落から近く料金は400円でした。

集落に一歩入るとかやぶき屋根の民家が道を挟み、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚になります。


f:id:mokehiro:20191114215112j:image

奥羽山脈の中の盆地に位置し、周りは山に囲まれています。

江戸時代にここに住んでいた人たちもこの山を見ながら生活していたんだなぁとしみじみ感じました(^^)

土曜日の午後に行きましたが、多くの人で賑わっていました。


f:id:mokehiro:20191114215138j:image

道の両端には水路が流れ、夏は野菜を冷やしているのだそうです。

トトロの世界ですね!

 

400mほどのメインストリートにお店が連なります。

結構寒かったので甘酒と名物の大きな手焼きせんべいをいただきました。

 

突き当りまで歩くと長い石段が出てきました。

長い石段を上ると、大内宿を見渡せる景色が広がっています。

 

江戸の雰囲気が味わえる大内宿、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

では!